読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつらと、つらつらと

見たこと、感じたことをつらつらとつづっていきます

データってうまく活用できてますか? 〜【読書メモ】データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」〜

データを活用してマーケティングに生かすための考え方について解説した本。なので、商品開発に所属したり、顧客戦略をデータに基づいて考えようとしている立場にいる人にはぴったりな本。

製造業の情報システム部門に所属している自分としては、てっきり汎用的なデータ分析手法についての解説がされていると思っていたので期待が外れた。自分が内容をよく確認せずに、タイトルだけで買ったのがいけないんだけど…。


とはいえ、データを分析・活用するという観点で参考になった部分を紹介。

昨今、「ビッグデータ」「IoT」「Industry4.0」「AI」などという言葉が流行っているけれど、みんな「データを活用してより満足度を上げましょう」ということが目的で、データから発見を生み出す技術が今後ますます普及するという将来像が現実になるとすれば、以下のような準備をする必要があるとのこと。

  1. データリテラシーを身につけ、維持する
  2. 目標に注意を向ける
  3. 才能を雇う、育てること

 

1.データリテラシーを身につけ、維持する

基礎レベルのデータリテラシーがなければ、周囲から取り残されてしまうだろう。(P347)

これは何にでも言えること。ITリテラシーがなければ、現在の情報化社会から取り残されてしまうように。ただどこまでが基礎レベルのリテラシーなのかは明記されていない(と思う)。統計学の初歩レベルだとは思うけど。

2.目標に注意を向ける

「データで何ができるか」という考え方から始めてしまい、「データで何をすべきか」を考えることがおろそかになってしまうのだ。(P348)

いわゆる手段が目的化するのを戒めている。あくまでもデータを使うのは手段。その結果を使ってどう行動し、何を得るのかを意識しないといけない。

目標設定の3要素として

  1. 測定方法
  2. ベンチマーク
  3. 時間設定

この3つの要素がそろわないと、目標は単にゆるい方向性を示すものか、願望のようなものになってしまう。(P239)

を挙げているけど、測定できて(結果を定量的に評価できるもの)、現実的で(ベンチマークの遥か上を行くようでは夢レベルになってしまう)、納期を切ることで初めて目標は機能すると言っている。

目標設定の考え方としてはSMARTという手法が紹介されている。SMARTとは、

 Specific(具体的)
 Measurable(測定可能)
 Achievable(達成可能)
 Realistic(重要性)
 Time based(具体的な期間)

 の頭文字を取ったもの。先に挙げた3つの要素が含まれている。

 

3才能を雇う、育てること

何をするにせよ、数学マーケティングを活用したいのであれば、組織としてそれに取り組むようになっていなければならない。数学マーケティングの成功を左右するのは、数字でもアルゴリズムでもない。人間だ。(P348)

組織でいうと、スキルのある人をどう集めてきて、どう活用するか、を考えなければならない。個人ではやはり勉強してデータ分析のスキルを上げること。当然ですね。具体的にはやっぱり統計学から始めるべきかな。

 

まとめ

これからデータを活用してマーケティングを行いたい人向けの入門のための本だけど、最後の何割かのページは一般論として参考になるところ。各章の最後にポイントがまとめられているので、わかりやすいと思う。

 

 

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

 

 

Points of You®体験会に参加しました!

今更感満載ですが、去る5/28の午前、コウスケさん(@kosstyle)の主催する"Points of You®体験会"に参加しました。

午前早目の開催ということで、田舎からだとちょうど良い時間に到着ができなかったため、会場前のスターバックスでゆったり時間を使うことができました。

f:id:shin_g:20160926124858j:plain

 

Points of You®とは?

さてさて「Points of You®」とは何かというと、写真のカードを使って自らの内面を引き出して自分を理解していき、次のアクションへつなげるという自己の活性化のための手法という理解をしました。
詳しくはPoints of You®公式サイトを参照ください。http://poyjapan.com/aboutpoyj

視野を拡大し、創造力や発想力に刺激を与えるツールとして、ビジネス、教育、公共分野など非常に幅広い領域で使用実績があります。たとえば、ビジネス領域ではグーグル、インテルなど世界をリードするトップクラスの企業がポインツ・オブ・ユーを導入し、組織変革やプロジェクトマネジメントなどを図るにあたっての、個人の内観を図るツールとして活用されています。日本では、2014年に日本語版をリリースし、普及活動を本格的にスタートさせたところです。

f:id:shin_g:20160927074819j:plain

 

体験会のハナシ

今回のワークは、

  1. 集中
  2. 過去半年でうまくいったこと
  3. 過去半年でうまくいかなかったこと
  4. この先半年、どうしたいか?

を二人一組のペアを組み替えながら進めていきました。2〜4について、

  1. 裏返したカードを引いて、そのカードの写真から連想される過去半年でうまくいったことをペアの人に伝える。
  2. ペアの人からフィードバックをもらう。
  3. ペアの人がカードについて伝える。
  4. ペアの人にフィードバックをする。
  5. ペアの人とカードを交換する。
  6. ペアを組み替える。

を繰り返し。

鮮やかな写真のカードを使うため、脳内イメージが刺激されるのか、「勉強会への参加」「ランニング」「写真」など、初めて会った人に対して会話するのに普段なら出てこないような言葉が出てきたように思います。やはり無意識なのか意識的なのかは別にして、常日頃考えていることなんだろうなあと思います。兎にも角にも写真を使って想像力を働かせるので、とっつきやすく面白いと思います。

最後に行ったワーク「今現在チャレンジしていること」ということで出てきた「写真」ですが、4ヶ月経った今、自分としてはこの時より半歩ぐらい踏み出したように思います(小さいですけど)。やはり、言葉に出すということは大事だなあと感じますね。

f:id:shin_g:20160927075213j:plain

 

現在コウスケさんのPoints of You®関連講座としては、

の3種類が用意されていて、随時開催されています。私が今回受けたのは一番上の「体験会」です。エバンジェリスト養成講座は、「私もPoints of You®を広めたい!」という人向き、個人コーチングは、「Points of You®を使ったコーチングを受けてみたい」という人向きのようです。2016年11月までの予定はこちらにまとめられています。

kosstyle.blog16.fc2.com

興味のある方は是非!

 

ツールとしての"Points of You"

人に勧めといて自分にとってはどうか?ということですが、コーチングなどの一つの手段として利用するのはとてもいいと思います。しかし今の自分にはちょっと有効活用するスキルがまだ足りないように感じます。ライフハック系の勉強会で知り合った人たちが次々とエバンジェリストになるのを端から見ていると羨ましく思いますが、ここは落ち着いて例えばコーチングとはなんぞやとか、目的を明確化するところから入らなければ・・・と考えています。

自分にとってアウトプットするということ

f:id:shin_g:20160409094154j:plain

どうもブログが書けなくていけない。

「いけない」と思う必要はないんだろうけど、何か自分の中でもやもやしている。

 

自分の中でアウトプットする行為というのは、仕事を除くと

Facebookのいいね < TwitterのRT < TwitterのQT

Twitterのコメント < Facebookの友達のエントリへのコメント

Facebookへの自分のエントリ <<<<<<<<< ブログ

の順で敷居が高いイメージ。

 

なんでかなと考えると、

考えなければいけない → 時間が掛かる → めんどくさい(やらなくても・・・)

という思考回路が働くことに行き当たった。

これを攻略するには、

  1. 細かく(10分程度に)区切る
  2. 慣れる(数をこなす)
  3. 目的を明確にする

というところだろうか?

 

読むことは意識しなくてもできる。

これは好きだということもあるけど、やっぱり何十年も読むこと続けているから。

同じようにアウトプットも慣れればできるんじゃないかと。

ムカシは毎日なんらかのエントリをしていたので、できるはず。

肩肘張らずにもっと気楽にやってみよう。

 

ということを新年度が始まったので考えてみた。

よく噛んで健康維持を! 〜今年になって始めたこと〜

食事の時、咀嚼回数を増やしました。

これまでは一緒に食事をする人に「はやっ!」とか、「味わって食べなさい」とかしょっちゅう言われていました。

自分としてはそんなに意識して早く食べていたわけではないんだけど、そもそもそれがいけないんではないかと。

咀嚼回数を増やすことで得られる効果は、ちょっとインターネットで調べると沢山出てきますね。

  • ダイエット
  • 便秘予防
  • 虫歯予防
  • ガン予防
  • 脳の活性化
  • ストレス解消

などなど、中には本当かなあと思うものもあるのですが、逆に悪いということはほとんど出てきませんね。

せいぜい食事時間が長くなってしまうということくらい。

自分も倍ほどの時間が掛かるようになりました。

でも1ヶ月くらい続けてみて思うのは、食材の中から出てくる旨味がよく分かるようになったこと。

周囲に言われていた通り「味わってなかった」ことにようやく気がつきました。

今更ですが、これが分かっただけでもよかったと思います。

何か行動を変えてみる、コンフォートゾーンから出てみることは大事ですね。

気付きがあれば儲けもの、違うと思ったらまた元に戻せばいいんですから。

iOSアプリで英単語の勉強をしよう! 〜キクタンのすすめ〜

f:id:shin_g:20160117181534j:plain

9月に初めてTOEICを受験して撃沈。まあ予想通りの結果だったんだけど、ちゃんと勉強しなければと考えた次第。

TOEICに必要な能力は

  • 語彙(単語)
  • 文法
  • ヒアリング

だと思うんだけど、まずは語彙力がないとどうしようもない。単純に問題集を買っても続けられないのは分かっているので、何かいいツールがないか探したところ、iPhoneのアプリで単語を覚えるためのアプリがあると知って早速購入。

iPhoneアプリ「キクタン」で、効率的に英単語学習!:アルク

他にも無料のものから12000語の"Super"、TOEIC990を狙うものまでレベル別にいろいろ取り揃えられているので、自分のレベルに合わせて選べるのがいい。自分は目下"TOEIC600"に取り組み中。

 

さてこのアプリの機能としては、

  1. 毎日の学習&テスト
  2. 復習&テスト
  3. チャンツ・・・単語をリズムに乗せて覚える
  4. クロスワード・・・単語をクロスワードパズルで覚える

の四つ。自分が主に使っているのは、「毎日の学習&テスト」と「復習&テスト」。

それぞれ1回に16個の単語・熟語を学ぶ形になっている。多すぎず少なすぎずというところ。

自分のやり方は、

  1. 「毎日の学習」で新規単語・熟語(16個)の確認・・・100日分ある
  2. 新規単語で分からなかったものをノートに書いて覚える
  3. テスト
  4. 「復習」で以前分からなかった単語・熟語(16個)を再度確認
  5. それでも分からなかったものをノートに書いて覚える
  6. テスト

という流れ。ポイントは"ノートに書いて"というところだと思う。いくら教材がデジタル機器になったとしても、実際に覚えるには手で書かないとね。それでもなかなか学生の時みたいには覚えられない・・・。

 

このアプリならではの機能として、

それまで学んだ単語をまとめて復習機能で再学習することが可能。

それぞれの単語を1日後、3日後、7日後の忘れやすい時期に自動的に再学習するプログラムで、記憶の定着を助けます。(公式サイトより)

ということで、これまでの本や単語カードより効率的に学習ができそう。

また、単語のアンダーラインの色でおおよそ何回目の復習なのかが分かるようになっている様子。回数が増えるにつれ、緑→オレンジ→右肩に☆印という順に表示が変わっていくと思われる。

f:id:shin_g:20160117184124j:plain

三日坊主の自分が今日で110日目。すでに「毎日の学習」は終了して、「復習&テスト」のみ継続。思うようには覚えられないけど、「継続は力なり」という言葉を信じて続けてます。

こんなアプリが自分の学生時代にあったら、英語の成績はもっと伸びたかな?

 

書籍版ならこちら

モヤモヤがスッキリ! 週次レビューをやってみよう!!

先日参加した名古屋ライフハック研究会で紹介した「週次レビュー」が思いのほか好評だったので、(調子に乗って)改めてまとめたいと思います。

「週次レビュー」とは

デビッド・アレン氏の提唱するGTD(Getting Things Done)という

頭をすっきりさせつつ、リラックスしながら、高い生産性を発揮していく「やり方」 

の一部で、日次、週次、月次などの区切りごとに計画と出来栄えを振り返る方法です。

私の「週次レビュー」のやり方と効能

私の「週次レビュー」では、週末に前週の計画(やるべきと考えたこと)ができたかできなかったかを評価します。そして今週できなかったことと合わせて、来週何をやるべきかを明確にします。ですからこの部分は厳密に言うと、「週次"プレビュー"」という位置付けですね。

私の場合、思考をまとめるのに"(ミニ)マインドマップ"を使っています。

"マインドマップ"については、下記の記事がわかりやすいと思います。

townwork.net

 私はメインブランチに

  • 仕事
  • 学習
  • プライベート
  • 健康・身体
  • お金

を挙げていて、サブブランチにそれぞれ詳細を書いていきます。

f:id:shin_g:20160110210934j:plain

書く段取りとしては、以下の項目を順に行っています。

  1. 当週プレビュー消し込み(=前週のレビュー)
  2. メモレビュー(各種のメモなどを見返します)
  3. 打ち合わせ結果レビュー(打ち合わせでの宿題事項を整理します)
  4. タスク洗い出し(1〜3の結果からタスクを洗い出します)
  5. 次週やるべき項目選定
  6. 5の内容をマインドマップのサブブランチに書きます

レビューの時(上記1ですね)には、ここに書かれたことができているか確認をしていきます。GTDでは頭の中の気になることをすべて書き出すことが本来のやり方ですが、そこは簡略化しています(とはいうものの、2〜4であらかた洗い出しています)。

このように、やるべきことを明確にして評価し、また新たに計画を立てるというPDCAサイクルを回すことで、頭の中がスッキリして、何かやらなければならないことを忘れていないかとかいうモヤモヤがなくなります。また、割り込みの仕事が入っても、何を後回しにすれば良いのか、すぐに判断できるようになります。

これらの作業に30分から1時間くらい掛かりますが、やるのとやらないのとでは差が歴然だと自分では思っています。ですので、多少面倒でも毎週末にやるようにしています。まあ、家ではいろいろな誘惑(テレビとか、昼寝とか・・・)が多いので、スターバックスなどに出掛けて環境を変えてやっています。

あとちょっとしたことですが、マインドマップを書く作業の効率化のために、メインブランチまで書いたものをテンプレートとしてコピーしています。

まとめ

やることが多すぎてこなせないという人にお勧めしたいのですが、そんな時にこんなことを悠長にやっている時間は無いと思うことも事実です。でも一度やってみると、効果を実感できると思いますので是非!

本を読んでも身につかないとお嘆きのあなたへ 〜【読書メモ】マインドマップ読書術〜

f:id:shin_g:20160107222558j:plain

本はよく読むものの、読んだ知識が身につかないという人は多いのではないでしょうか?かく言う私もその一人です。

私は知識の定着のために、読んだ本の内容を数年前からこのブログにアップしています。本を読みながら、キーワードや引っかかったフレーズをメモしたり、付箋を貼ったりしていましたが、ブログを書くために見返すと、なんでメモしたかわかりづらく、まとめるにも時間が掛かり、そのためにエントリが滞る、そして次の本を読み始められない、ブログを書くのがイヤになる・・・というループに陥っていました。

なんとか改善をということで、メモをマインドマップ化することを1年ほど前から始めました。ただ、我流でやっているので、果たして効果があるのだろうか?もっと効果が出るやり方があるんじゃなかろうか?と常々思っていました。

 

そんな中、先日参加した”名古屋マインドマップ普及会(ナゴマイ)”のスタッフであり、ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター、大岩俊之さんと出会い、著書である本書を紹介してもらいました。

読んでみると、マインドマップ初心者向けに優しい内容となっていて、実際に書かれたマインドマップも掲載されているので、とてもわかりやすいと思います。

また読書メモだけにとどまらず、目標達成するためのマインドマップの書き方も解説されていておトクな一冊だと思います。

マインドマップとは

マインドマップとは、トニー・ブザン氏の提唱する思考整理法。

トニー・ブザン - Wikipedia

中心にテーマにあたるイメージを描き、そこから放射状に枝を伸ばしてキーワードを書いていく事でイメージを膨らませ、顕在化させていくツール。(上記リンク先より)

詳しくは、同じくナゴマイのスタッフで公認インストラクターのコウスケさんの下記ブログがわかりやすいです。

townwork.net

カラーで、絵を描いて、とハードルが高いと感じられるかもしれませんが、絵を使わず単色で書く”ミニマインドマップ”というのもあるので、ご安心を。

冒頭の写真にちらっと写っているマインドマップは、私が書いたミニマインドマップです。今まで、こんなマインドマップでいいのか?と思っていましたが、ナゴマイに参加したことと、本書により「これでもいいんだ!」という確証を得ることができました。うれしい!

 

さて今回本書を読んだ目的は、

  1. そもそも読書マインドマップってどうやって書くの? 改めて知りたい。
  2. 記憶に残すには?

の二つ。

 

1.読書マインドマップの書き方は?

本書では幾つかの本のまとめ方が紹介されていますが、私がいいと思ったのは、「質問から答えを探す読書法」。小説はともかくビジネス書を読む場合、目的があって読むわけですから、その目的を最初に明確にして答えを探すというのが効率の良い読書というわけです。

目的を決めると、脳はそのことにフォーカスするため、本の中から目的に沿った内容を見つけやすくなります。(P85)

ブランチには、

  • 本 ー タイトル、著者、出版社、発売日
  • 読む目的 - 目的、質問(三つくらい)
  • 質問の答え
  • その他

を書いていきます。ポイントはもちろん「読む目的」と「質問の答え」ですね。目的と質問を明確にしておくと、ブログを書くときにもテーマが明確になるという効果があります。

 

2.記憶に残すには?

本を読んでいると、いろいろなことが頭に浮かびます。それらを言語化して書きとめておくと、あとで見直したときにその時の心境が分かり、気づきが起きやすくなります。

どんなことでもいいので、書きとめておきましょう。(P90)

この一節に尽きるような気がします。さらに

  • 規則性を見つけ、グループ化する
  • ありえないくらい誇張したイラストにする
  • カラフルな色をつける
  • 数字をつける (P174)

ことで記憶に定着しやすくなるそうです。確かに手を動かし、目に訴えかけ、順序立てるという、五感に訴えかけることをすると、脳に刻み込まれますよね。

 

まとめ

これから本を読むときには、

ということをやって、記憶にとどめ、実践につなげていくことにします!

 

追記

本書では、マインドマップを書くための道具も紹介されています。道具の一つにカラーペン3種類が紹介されていたのですが、このうちのステッドラーを買いました!これからこれでカラフルなマインドマップを書こう!

 

以上、本を読んで自身の向上に役立てようと考えているあなたは是非!